京都旅行に行ったら行くべき名所『平安神宮』

平安神宮は平安遷都1100年を記念して、明治28年3月15日 皇紀2555年 西暦1895年に遷都のおや神様である第50代桓武天皇をご祭神として創建されました。



朱塗りの社殿は明治時代のものとしては珍しく、国の重要文化財に指定されています。

敷地がかなり広く見どころがたくさんある名所です。

 

社殿

市民と全国の人々の熱意と町おこし事業で創建された

幕末の戦乱で市街地は荒廃し、明治維新によって事実上首都が東京へ遷り、

その状況下で京都を救ったのは、市民と全国の人々です。

数々の復興事業を展開し、新しい京都が模索され、同時に「古き良き京都」の維持継承に力が注がれました。
熱意と一連の町おこし事業が見事に結実して、平安神宮が桓武天皇をご祭神として創建されました。

また、平安京で過ごした最後の天皇である第121代孝明天皇が平安神宮には祀られています。

天皇を祀っているから「神宮」なんですね!

平安神宮

縁結びのパワースポット

平安神宮は「縁結び」の神様として有名です。

それは、戦後平安神宮では「神前婚」が流行り、多くのカップルがここで結ばれたことに由来しています。

今も平安神宮会館として結婚式が行われています。

平安神宮会館公式ページ

たくさんの人が幸せになった場所なのでご利益ありそうですね!!

京都五社

京都は、方角を司る「四神」が守護する土地として造営されたため四神相応といわれます。

方角すなわち、東西南北とその要所に鎮座するお社が

  • 北(玄武):上賀茂神社
  • 東(青龍):八坂神社
  • 南(朱雀):城南宮
  • 西(白虎):松尾大社

となり、さらに中央に平安神宮が鎮座しています。
京の都を守っているこの5つのお社を京都五社と呼びます。

それぞれがパワースポットとなっているため、5つ回ればきっと願い事も叶うはず。

叶わなくても何かしらのパワーをいただけること間違えなしです!!!

京都で一番大きな大鳥居

鳥居の大きさは高さは「24.4m」、幅「18m」、柱の太さは「3.6m」。

京都では一番大きな大鳥居です。

大鳥居がバンっと立っているので、すぐにここが平安神宮だと分かります。

大鳥居

アクセス

住所京都市左京区岡崎西天王町97

 

 

 

  • 名神高速道路「京都東IC」より、
  • 三条通を西へ進み、「神宮道」交差点を北へ右折すぐ 京都東ICより約20分

※駐車場はないそうです。

近くには有料の駐車場もありますが、時期によっては混雑の可能性あり。

バス

バス最寄駅

・岡崎公園 美術館・平安神宮前

・岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前

・東山二条・岡崎公園口

*JR「京都駅」から

市バス5系統、洛バス100号・110号系統

「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車 北へ徒歩5分

*阪急「河原町駅」から

市バス5系統、46系統、32系統

岡崎公園 美術館・平安神宮前

岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前」下車北へ徒歩5分

*祇園・清水寺方面から

市バス201系統、203系統、206系統、「東山二条・岡崎公園口

下車 東へ徒歩5分

洛バス100号系統「岡崎公園 美術館・平安神宮前

下車 北へ徒歩5分

電車

地下鉄東西線「東山駅」

下車、徒歩10分

京阪鴨東線「三条駅」「神宮丸太町駅」

又は下車、徒歩15分

 

最後に

「平安神宮」は大きな大鳥居があり、朱塗りの社殿社殿もとても綺麗で見どころがたくさんあります。

京都旅行に来た際は、ぜひ訪れてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です