PS4のコントローラーが勝手に上を向く!対処方法と修理方法!

PS4のコントローラーが勝手に上を向く!対処方法と修理方法!

PS5が発売予定となっていますが、まだまだ使いたい方も多いと思います。

以前、PS4コントローラーが勝手に上を向いてしまうという現象が起きたため、解体をして直してみました。
結果、無事直ったためこのページを作成しています。
私のPS4のコントローラーでは、上を向く現象でしたがコントローラーが、コントローラーが左を向いてしまう、右を向いてしまう、下を向いてしまうなど他の方向へ勝手に動いてしまう場合にも対処できるかと思います。



どうしても直らなかった方へPS5の抽選予約販売サイトのチェックのページも作成してみました。
よければ参考にしてください。

使用した料金は、接点復活スプレー(400円ほど)&精密ドライバー(100均一)で購入し、500円ほどです。(アルコールスプレーや綿棒は開いてみると結構汚れが凄かったので、気になる方はついでに掃除もありだと思います。)

 

準備するもの
※無事コントローラーは直りましたが、何百円で直るならというダメ元でやる気持ちが良いと思います。
※絶対に直るという保証はできません。自己責任でお願いします。
※ねじなど無くされないように。また無理やり力を加えたりしないように慎重に行ってください。
※職業はエンジニアですが、コントローラーを直すのは初めてです。笑
※この方法で一度直りましたが、3か月後同内容の症状が出てしまいました。
その際購入した接点復活剤は、以下にです。こちらの接点復活剤の方が感度が良い気がしてますので、参考になれば幸いです。

解体する前にまずは、解体をせず直せないか試してみましょう。
何かを直すときは、リスクの少ないことから始めるのが良いので、その方法からお伝えしていきます!


簡単な対処法

アナログスティックの簡単な対処法をご紹介します。

用意するもの

・つまようじ

・接点復活スプレー

※接点復活スプレーとは、機械に使う油の一種です。主に金属などに利用します。金属の表面の汚れを溶かして取り除く効果と、サビ予防をしつつ電気の流れを妨げないような膜を張ってくれる効果があるようです。

対処法① アナログスティックを回す

接触部分に小さなごみが入り込んでしまうことで、アナログステックが勝手に動いてしまうことがあるようなので、グルグル回してゴミ掃除をしましょう。

回す

対処法② アナログスティックをつまようじで掃除

こちらも同様で接触部分に小さなごみが入り込んでしまうことで、アナログステックが勝手に動いてしまうことがあるようなので、グルグル回してゴミ掃除をしましょう。

つまようじ
※つまようじの先がボキっと折れたりしないように気を付けてください。

対処法③ リセットボタンを押す

コントローラーの裏の右上の方にぽちっと穴が開いています。
爪楊枝など先の尖ったものでリセットボタンを押して改善するか試してみましょう。

リセットボタン

対処法④ 接点復活スプレーをかける

解体をせずに問題が出ているアナログステックに接点スプレーをそのままかけて直った方もいるようです。
接点復活スプレーをかける

上記を行ってみて、1日ほど様子を見てみましょう。すぐには直らなくてもなじんできて次の日に直っている可能性もあります。

しかしながら、上記をおこなっても我が家のコントローラーは残念ながら直りませんでした。。。。
そのため、解体をして直してみることにしました。

すると!まさかの直せることができました!

ちなみにコントローラーを直して1日目は、直っていなかったのですが2日目になぜか直りました。
(なじんだのかな)



 

PS4コントローラーを解体し修理をする

続いて、解体をして修理をする方法をご紹介していきます。

準備するもの
・精密ドライバー(+00)
・接点復活スプレー
・ピンセット
・携帯のカメラ
準備するもの
携帯のカメラは絶対にあった方が良いです。
なぜかというと、戻す時に結構迷います。至るところ撮っておいた方が元に戻しやすいです。
作業をするたびに全体と分かりにくそうなところは、細かい部分までも撮影していくようにしましょう。以下はあれば!
開いてみると意外と汚かったのでついでに掃除をすると良いと思います。
・アルコールスプレー
・綿棒

修理の流れ

①背面のネジ4つを外す。

ネジの場所
※ネジ無くさないように気を付けてください。
※大きさの違うドライバーを使うとネジがつぶれる恐れがあります。つぶさないようにも気を付けてください。

 

②前面と背面を外していく。中の基盤と背面を繋いでいる配線の外し方は、下の画像を見てください。

背面取る
※ゆっくり外していきましょう。
※結構固い箇所があります。2本のドライバーを使って一本を挟んで一本で開けていくとやると綺麗に外せました。
※中の基盤と背面を繋いでいる配線があるので注意が必要です。

 

③中の基盤と背面を繋いでいる配線を外す。

電池取る
※背面側ではなく、必ず基盤側を取ってくださいね。私は最初、逆を取ってしまったのですが、戻す作業がとっても厄介でした。

 

④電源パックを外す。

電池取る

赤枠を外す。

⑤電源パックの下のネジ外す。

ネジ外す
※こちらも無くさないようにお気を付けください。

 

⑥中の基盤と前面を繋いでいる配線を外す。

これで前面と基盤を外すことができると思います。

前面外す
※配線は、意外と頑丈にできているので切れる等はなさそうでしたが、外しにくいのでピンセット等で外すと良いかもです。
※タッチパッドは取らない方が良いと思います。取り付けるのが意外と大変でした。

 

⑦アナログスティックのカバーを取る。

アナログスティックのカバー外す

ここで直す作業です。
つまようじや綿棒で汚れを掻き出し、接点スプレーをシュッと振りかけました。

接点スプレーかける
※あまりかけすぎると逆に不具合が出る可能性もあるので、右スティックの左右1吹ずつくらいにしました。

 

⑧他の場所を掃除する。
方向キーや〇×△□の部分のゴムがめちゃめちゃ汚かった。。。
こんなところにホコリ入るんですね。

汚いので掃除おすすめ ほこりが結構ついている

⑨元通りに組み立てていきましょう。

あとは元通りに組み立てることで修理完了です。



最後に

細かいところは、一応撮影したつもりですが、あとで分からないところが出てこないように自分なり分かりにくそうと思ったところは撮影をしていくと良いですよ!

上の方でも記載しましたが、修理してすぐは、直らず。。。。やっぱりだめか!と諦めましたが、まさかの2日目使ってみると直ってました。

エンジニアとしてはとっても嬉しかったです!!!

また、解体するの楽しかったので、また物が壊れた際は試したいと思います。

少しでもコントローラーが壊れてしまって困っている人が使えるようになりますように!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です