止まらない!やみつき!たらこふりかけ

母のオリジナル料理を紹介します。

朝ごはんに出てくるとテンション上がりました!

ご飯にかけて食べると超絶美味しいんです!

作り方もとっても簡単シンプルなので、忙しい朝でも美味しく召しあがれると思います。

エンジニアとしてもこんなにパッと美味しいものができて、感激です!母ちゃんありがとう!


材料

たらこ:スーパーで売ってる1パック

たまご:1個

油:大さじ1

作り方

①たらこはざっくり3等分くらいに切っておきます。

たらこ

②たまごはお椀などでかき混ぜておきます。

③フライパンをあたため、油をひきます。

④たまごをフライパンに入れかき混ぜながら、たらこを入れます。

火は中火よりちょい弱めにします。

卵とたらこ

⑤あとは、まーぜまーぜして、ぽろぽろ、ぱらぱらになるまで混ぜ続けます。

(食べた時にたらこの固形がちょっとあった方が歯ごたえや、お!たらこキター感あって好きです)

ぽろぽろ、パラパラ

⑥できあがり!

たらこの豆知識

  • たらこは、2本セットで1腹と数えるらしいです!
  • たらこに多く含まれるタンパク質には、筋肉を維持し増やす働きがあります。なので、筋トレの後などに食べるのも、良いものとされています。
  • ビタミンB1やB2、ミネラルも豊富に含まれます。
  • たらこは低カロリーで糖質が少ないが、塩分が多いです。
  • プリン体も多く含まれるので、たらこの摂りすぎには注意しましょう!

卵の豆知識

  • 卵1個(50g)のタンパク質量は6.2g!それだけではなく卵にはこんなにさまざまな栄養素が含まれています。
  • タンパク質だけではなく、カルシウム、鉄、ビタミンなど、私たちの健康を維持するために必要な栄養素が豊富で
  • 卵はアミノ酸の宝庫です。アミノ酸のリジンを多く含む食品の一つが卵となります。
  • 卵黄には脂溶性ビタミンであるビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKや水溶性ビタミンのビタミンB1、ミネラルの鉄が多く含まれます。卵白にはビタミンB2やカルシウムを多く含んでいます。

最後に

たらこも卵もタンパク質が多く含まれるので、筋トレ後には最適料理なのかもしれません!

このふりかけが冷たくても、あったかいご飯の上にかければ十分美味しいので、温め直す必要もないので、忙しい朝に昨日作った残りがよく出てました!

それでも満足して美味しく食べれるスーパー料理だと思います。

また、たまごで栄養バランスのよい朝食をとると、血糖値が上がりすぎず、消化にも時間がかかるため、腹持ちがよく、1日の摂取エネルギーを抑えることにつながります。

しかも、たまごのたんぱく質は、脂肪になりにくいため、たまごそれ自体で肥満の原因になることないスーパー食材です。

朝ごはんにも最適!

筋トレ後のご飯にも最適なたらこふりかけをぜひ、作ってみては、いかがでしょうか。

ハマること、やみつきになること間違いなしです。

ちなみにうちのお母ちゃんは、服のエンジニアです。(服飾)笑

そんなわけできっとオリジナル料理が好きだったんだと思います。

そんな母ちゃん直伝のレシピはこちら↓


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です