たばこの禁煙の仕方!たばこを禁煙してよかったこと

たばこ

最近、たばこを吸う人が減ってきましたね。

喫煙率のピークは男女とも1966年で、

男性が83.7%女性が18.0%

2018年は

男性が27.8%女性が8.7%

にまで減少したそうです。

そのブームに乗って禁煙したきっかけと、禁煙して良かったことをご紹介します。


禁煙をしたきっかけ

たばこを分煙化が進み、「タバコをやめられないのは、ニコチン依存症という病気」

などのポスターが貼られ、どんどん値上げするし、

喫煙者が生きづらい世の中になってきたので、

思い切って去年2019年、7月中旬から禁煙をスタートしました!

禁煙をスタート

7月中旬、ゆっくり禁煙をしていこうと決めた私は、プルーム・テックを常に持っていました!

実は今まで何回も禁煙しましたが、

プルーム・テックを持っていたことが良かったかなと思います。

今までは、

何かイライラするようなことが起きると

たばこを吸いたくなる

ない

ストレス

もっと吸いたくなる

何日か後、結局買う。

一箱吸い終わったら喫煙者に戻る

という負のループに陥ってましたが、

 

プルーム・テックを持ってると

何かイライラしたことが起きる

たばこを吸いたくなる

プルーム・テックがある!

そうだ!禁煙をしようと思ってたんだ

頑張ろう!って思える日もあったり、

逆に、今日はほんとに嫌なことだから吸う!

と思ったり。

嫌なことの度合いによって吸う、吸わないようになってました。

嫌なことがあんまり起きないと吸わないので、いつの間にか吸わなくなってました!

むしろ、今日は吸わなかった!!!

すげえ!いい日だったあー!

みたいなハッピーを実感することができて

禁煙することが楽しくなってました笑

この方法が、いい禁煙方法なのか分かりませんが、やめれたらいいなあーと思っている方は

ぜひ、お試しください!

禁煙してよかったこと

禁煙してよかったことは点あります。

①タバコ代が浮いた!

当たり前ですが、タバコを買わなくなった分浮きました!

2日間に1度購入していたので、7500円の節約に成功しました!

今考えるともったいないです。。

②過敏性腸症候群が治った

実は過敏性腸症候群と診断されていた私。

7年間ほどこの病気に悩まされました。

朝ご飯を食べると必ず下していたので、朝食は抜いて、

1ヶ月に一回、病院に通うという日々を過ごしてましたが、

タバコをやめたら、あら不思議!いつのまにか治ってました!!

1ヶ月に一回病院に通っていたので、3000円ほどお金を浮かせることができました。

※合計で10,000円程浮かせることができてますね。


③身体が健康になった

これはよく感じることです。

疲れることが少なくなりました。

タバコを吸うと、活性酸素が発生します。

活性酸素は、肌のしみやしわといった老化現象から、

動脈硬化や癌など多くの生活習慣病の原因とされています。

ビタミンCも破壊されてしまうので免疫力も落ちてしまう。

きっとそんなこともなくなったので、健康に過ごせるのだと思います!!

④肌が綺麗になった

これもよく思うことです。

たばこを吸うと毛穴が開く、しみ、しわ、黒ずみが増えるなど言われています。

もともとそんなに肌は荒れないので、気にしてはいませんでしたが、

たばこをやめたところ、あれ?肌綺麗になってね?と気づきました。

⑤たばこを吸う場所を探さなくて良くなった!

たばこを吸っていたときはドコでたばこを吸おうか、

吸えるか常に考えていましたが、気にしなくてよくなりました。

ただ、今まで吸えていた場所の情報はあるので、喫煙者の気持ちになれるので、

ここは、この場所に喫煙所があるよ!と案内することはできます!

⑥私禁煙できたよ!って言えるようになった!

今の時代、禁煙できたことの方がカッコよくうつるように思えます。

むしろ、吸いたいという依存症に打ち勝った人と思える人も多いようです!

最後に

もちろんこの記事を書く以上、日常で禁煙ができて良かった!と思うことがたくさんあります。

ただ、たばこの否定はしません。

吸っていて良かったこともたくさんあります。

自分がどうなりたいか次第だと思うので、禁煙したい人にはちょっとでも刺激になればいいです!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です